アコム返済で生じる端数について

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

アコム返済で生じる端数について

消費者金融業界といえば多くの企業がありますが、その中で有名な企業といえば「アコム」です。
「アコム」の経営規模は大きいため、全国にはATMが設置されていますから、とても利便性が高いのがメリット。
ATMを使用すれば、24時間365日、システムメンテナンス時間でなければ、いつでも借り入れ、返済が可能です。

 

「アコム」のATMはお札のみの取り扱いとなります。つまり、コインが使えないため、千円単位での取り扱いだけです。
返済する際には、1,000円以下になると、残高として残ってしまいますね。

 

この場合は、その端数の扱いをどうしたら良いかと気になります。
「アコム」の店舗へ行けば1円単位での返済が出来るため、そういう方法もあります。
しかし、毎日仕事をしている方では、店舗の営業時間には行けないという方も多いと思います。

 

結論をいうと、1,000円に満たない端数分の残高については<無利息残高>という扱いになることを覚えておいて下さい。
無利息残高に対しては、利息・手数料が計算されませんし、支払期限も特にありません。
返済をすることなく借金が増え、その後に取り立てが訪問、、、といった問題も無いということです。

 

その後、もう「アコム」を利用しないという決断をすればこのまま放っておいてもOKです。
しかし、再度利用する場合は、次回利用時に清算してから再スタートという流れとなります。

メニュー